細菌「0」を検査するため活動している特定非営利活動法人 POIC(R)研究会

皆さんも一度は通ったことがあると思う、歯医者さんの大丈夫でしょうか?ショッキングな記事が読売新聞の夕刊に掲載されました。

歯科医院で使わる水というのは本来「水道法」という法律で、施設内の水の中に「含まれる残留塩素」量や「細菌の数」が規定されていますが、最近0にするのは費用が大変かかるために守られていない施設が多数存在する生地なのです。

水を伝って菌の繁殖は増える一方なので安全と思って使っている機器が実は...
なんてことも、それに抵抗力が落ちているときや、小さいお子さんや高齢の方が治療を受けるとき
このような細菌に汚染された水が使われていたとしたら、
何かに感染してしまいそうで、とても不安になりますね。

その為にもPOIC研究会も活動も知ってもらい取得が必要なことを知ってもらう必要があります。

「POIC(R)研究会」は、平成24年に数名の歯科医師を中心に立ち上げられた特定非営利活動法人で、安全で安心な医療環境を研究しています。

現在は歯科医師はもちろんのこと、多くの歯科衛生士も参加していて
会員数は2,000名ほどになったそうです。

「POIC(R)研究会」について調べてみたところ、細菌検査を行って「細菌0」の医院を認定し、施設認定制度として認定医院を増やしていくという目的を持って活動を行っていることがわかりました。
このブログで少しでも多くの人に知ってもらえたらと思います。





ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


レビューブログからの情報です。





































スポンサーサイト
プロフィール

新米新

Author:新米新
ワンワンへようこそ!

おすすめリンク
  • 管理者ページ
  • ケアプロスト
スポンサー
ベルメゾンネット TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:
最新記事
リンク