コンカー、「サラリーマンの経費精算に関する実態調査」の結果と考察を発表 利益を生まない経費精算に時間を費やす日本のサラリーマンの現状が明らかに

この時間にお伝えしたいのは営業職の方は日々経費業務に追われることがありますよね。そこでお伝えしたいのが出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカーは、2016年秋の電子帳簿保存法の規制緩和により、来春より実現可能となるスマートフォンでの領収書電子化解禁を前に、「サラリーマンの経費精算に関する実態調査」を実施、その結果と考察を発表しました。その中で興味深かったのが秘書や事務アシスタントに自分の経費精算業務を任せているとの回答は18%、BPOやシェアードサービスなどを活用しているとの回答はわずか1%。81%のサラリーマンが自分で経費精算を行っています。それはすなわち経費精算業務は自分でやる必要があり、会社に帰ってから行うことで自然と残業が発生してしまうという現象です。それが今後スマホでの領収書電子化が行えれば空き時間を利用して業務を行えるので効率的になるのです。サラリーマンの経費精算もこれでだいぶ楽になるはず

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
プロフィール

新米新

Author:新米新
ワンワンへようこそ!

おすすめリンク
  • 管理者ページ
  • ケアプロスト
スポンサー
日比谷花壇_仏事_お盆_お彼岸 ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう オンワード・クローゼット PREMOA(プレモア)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数:
最新記事
リンク